So-net無料ブログ作成
検索選択

Oracleとの出会い2 [Oracle]

さて、前回の続きです。

配属後、課題を何点かこなして小規模な実案件をいくつかこなした後、
OJTトレーナから会議室に呼び出されました。

「今日からRACをやってもらうよ。」

と一言あってから1時間くらいでクラスタとは何か、RACとは何かを
簡単にレクチャーを受けました。(今思うと非常にあっさりと)
正直言っていることは半分くらいしか理解できず、
まーボチボチ勉強すんべ、くらいにしか思っていなかったのですが、
追撃を食らいました。

「SunClusterを使ったRACがあるからリカバリ試験をよろしく」

えええええー!!!!いきなり実戦ですか!

こうして私はRACへの修羅道を進み始めたのです。
何度も壊しては作り、バックアップしては戻し、Bugに当たっては問い合わせを
繰り返して少しですがRACを身に付けていきました。

当時はまだRACはポピュラーになっておらず(9iR1でしたし)まだ未成熟なプロダクトでした。
そのため要員はOJTトレーナのTさんしかおらず、そこに私が補充要員として
送り込まれた、そういうことだったんですね。

私が触った感じで思ったのは
・ウマく使いこなせれば便利な機能である
・中途半端に使うと障害を引き起こす要因になる
・初期段階での設計や方針が後々まで影響を与える
 (シングルでも同じですがRACではそれが顕著)

といった印象を受けました。
今でもRACに持っている印象は変わりません。(追加は色々ありますが)

以降私はRAC専門として数年修行を積むことになります。
それは並々ならぬ苦労があったのですがそれはまた別の機会に。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。