So-net無料ブログ作成
検索選択

RACにおける時間のずれ [Oracle]

あくまで構築中の話です。

RACを構成するためには10gR2(10.2.0~)ではOracleClusterwareの導入と
通常通りのDatabase製品の導入が必要です。

そのときにDatabase製品の導入にはデータベースサーバ間の時間差があると
うまくいかないことがあります。

9i~10gR1ではそんなことはおきなかったと思うんですが、R2では1秒ずれてもダメでした。
ですのでLinuxであればntpdateコマンドなどで時間あわせをする必要があります。

ntpdを使う方法、cronでntpdateコマンドを定期的に実行するやり方、色々あると思いますが、
Database製品の導入とPatchSetの適用時にはご注意を。

サーバ間の時間のずれは1つのホストOS上で動くVMWAREで構成すると顕著です。
Miracleのページ
http://blog.miraclelinux.com/asianpen/2007/05/vmwarelinux_ad22.html
によると起動時、カーネルにnoapic、nolapicをつけると良さそうです。
私の貧弱なサーバではこの技術文書に従っても時刻がずれるのでどうしようもありません。
ちゃんとしたサーバならこの現象には当たらないので普通は大丈夫だと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。