So-net無料ブログ作成
検索選択

隠したはずのパラメータ [Oracle]

ちょっと調べものをしていたらOracle10gR2の隠しパラメータ一覧が出ていました。
http://www.drk7.jp/MT/archives/001124.html
設定は自己責任でよろしくなパラメータですが、過去に不具合対応や予防で
いくつが設定したことがあるものが見受けられました。

_allow_resetlogs_corruption
_asm_allow_only_raw_disks
_gc_affinity_time
_lm_lms
_optim_peek_user_binds
_optimizer_join_elimination_enabled
_corrupted_rollback_segments

こうしてあげてみると色々ありますね。
この隠しパラメータデフォルト値がこれってどうなの?ってものもありますがうんぬんかんぬん。
トラブルや設定内容や背景についてはお客様とサポートありきなのでご勘弁を。

Oracleサーバを制御するための設定は他にもeventというものもあります。

alter system set events '~~~';

といった文でエラーを詳細に解析する資料がとれたり、
ある機能を制御したりすることができるそうですが、
当然?公開情報ではないのでサポートに言われたときだけ設定しましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。