So-net無料ブログ作成

drwtsn32.exe [Tips]

Windowsでおなじみのデバッガ、ワトソン博士ことdrwtsn32.exeですが、
Vista/Windows 2008からは問題のレポートと解決策というものに変わっています。
私の周りではマダマダ2003が現役で動いているお客様が多いので
あまり2008に触ることもありませんが、これから使おうとされている方はご注意を。
といっても実際のところ大きく変わったわけでは無さそうですが。
http://windowshelp.microsoft.com/Windows/ja-JP/Help/6c8431c2-8cac-4ff5-b210-4dceb3fd88331041.mspx

ただ私は通常drwtsn32を起動して設定を変えます。
 1. ファイル名を指定して実行からdrwtsn32を起動
 2. クラッシュダンプの種類を「完全」指定
 3. オプションでダンプシンボルテーブルを指定

デフォルトの設定だとミニダンプしか出さないので、問題発生時に情報が足りない可能性がありますので。

そのほかWindows上でプロセスダンプを取得するにはAdplusやuserdumpなどがあります。
http://support.microsoft.com/kb/286350/ja
http://support.microsoft.com/kb/241215/ja

個人的にはuserdumpがお勧めです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。