So-net無料ブログ作成
検索選択

Oracle Master Platinumについて言ってみる [Oracle]

Oracle Masterは良く知られたベンダー資格の一つです。
その中でも最高位に位置づけられているのがPlatinum認定。
取得に当たっては該当バージョンGold+2クラスの研修+実機を使った試験の合格が必要です。
この実機試験というのがまた色々あって取得には難関が伴うのです。
また受験者には守秘義務があって問題をさらすと資格剥奪になります。
この敷居の高さからその価値を高めているといえるでしょう。

さてこのPlatinum。9iの時に私取得しました。
これから受験される方は10gや11gだと思うので試験内容について何か
言って差し上げられることはないのですが、心構えというか、そういった
ことをちょっと書いてみます。

まず取得に向けて・・・メリットを明確にしましょう。
私の場合はわずかな報奨金と自己満足だけでした。
その後の仕事が変わったなどのメリットは「まったくありませんでした」
ここは人それぞれだと思います。特にフリーランスの方には武器になるそうです。

そして試験に向けて。
試される項目はわかっているはずなので、ひたすら実機で練習しましょう。
特に10g以降はRACとOEMが必須なのできっちりやったほうがいいです。
また大事なのはマニュアル。9iの時は英語マニュアルのみ参照でしたが
10gからは日本語のマニュアルが読めます。
しかし、どのマニュアルの何の項目に何が載っているのかはおおよそ把握
しておいたほうが良いです。

試験にあたって。
試験はズバリ体力勝負です。
そもそも業務ではある程度の時間(1週間程度だと思うのですが)をかけて
行う内容を2日で作ってある程度のテストまでしてしまうのです。
タダでさえ疲れる内容に加えて環境が壊されるので、そこからのリカバリにも
あわてず対処する必要があります。
環境保全のため、最後の5分は使えない、と思っておきましょう。
それくらい「巻き」で作業を進めるなければなりません。
休み時間は追い込み半分、休憩半分にして後半に体力を温存してください。
どんなに徹夜に慣れたエンジニアでも結構疲れると思います。
徹夜作業はマラソンに近いですが、プラチナ試験は全力疾走でハーフマラソンする感覚です。

試験後について。
試験後2,3日すると合否が気になりだします。
受かっているもんだと信じましょう。
私の感覚ですが、思っていたより実点数は上のように感じます。
また不幸にも落ちてしまった場合。
悔しさや感覚を忘れないうちに再受験したほうがいいと思います。
落ちたとはいえ、金銭的にも時間的にも多くのコストを割いたはずです。
絶対に取りましょう。無駄な投資で終わらないようにしなければなりません。受かったら。
思いっきり喜びましょう。そして誇りましょう。
Platinumの価値を決めるのはあなたです。

最後にグチです。
なんで9iから10gや11gへのアップグレード試験は無いんでしょうか・・・
11g Goldにアップグレードして11g Platinum受けてくださいなんて
ひでぇっす。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。