So-net無料ブログ作成
検索選択

東北地方太平洋沖地震の日 [想]

東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた方々にお見舞い申し上げ、
亡くなられた方々にお悔やみ申し上げます。

私は11日はとあるお客様の所で提案をしていました。
見積もりや雑談を営業の某氏としているときに地震は来ました。
もつれる足下、きしむ鉄骨、揺れる隣のビル。
正直死ぬかと思いました。その後駅でJRの復旧を待っていましたが、見込みはなさそうだったので
一緒だったメンバーには歩いて帰ること、水と食料を確保した方が良いことを伝えました。
案の定、どこのポイントでも電車、バスは捕まらず、食べ物の確保が難しくなっていきました。
某幹線道路では渋谷発のバスを待って長蛇の列でしたが、私は絶対に乗れないと判断し、
12km程度でしたが迷わず歩きました。
そのおかげか、暗くなる前には家に着きましたし、安心して休めました。

一方、会社ではメンバーは帰れないので徹夜し、不安な一夜を過ごしていたようです。

11日当日から私が学んだことは
 ・幹線道路でバス停で長蛇の列を作る、駅で何時間も立つ等、無駄に体力を使わない
 ・災害時にどう行動すべきか自分の生活に合うように行動規範を持っておく
 ・動ける環境(衣食住)をまず確保する
 ・緊急時に連絡を付ける方法をいくつか持っておく
でした。どんなときでも正しいとは思いませんが、11日には1つの真実だったと思います。

私はiphoneユーザで、たまたまFON_FREE_INTERNETを拾ったので各方面へメールできましたし、
twitterから情報収集ができました。また「ゆれくる」や「家庭の医学」といった災害時に役に立ちそうな
アプリもたくさんあって助かりました。。。

スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。